車査定では正直に話すよう心がける

車査定では正直に話すよう心がける

車買取の業者に査定を依頼する時には、やってはならない事が数点あります。何かを隠すことですね。それを行ってしまうと、後が色々と面倒になります。

 

よく聞く話の1つは、メーターの改ざんです。というのも車の買取金額には、走行距離が関係してきます。一般的には走行距離が長い車の方が、買取額は低くなりがちです。このため人によっては、たまにメーターの巻き戻しという事があるのだそうです。

 

また事故歴の偽りですね。事故だけでなく、修理歴も同様です。それを隠してしまっている方も、中にはいらっしゃるそうですね。
上記は、どちらも行うべきではありません。それを行うと、まず買取がキャンセルになってしまう可能性が高いです。せっかく100万円で車が売れてもキャンセルになるのは、とても悲しいことです。またキャンセルにならなくても、減額されてしまう可能性もあります。何かを隠していたことに対する、罰金のようなものですね。もしくは違約金などが発生する事もあります。

 

また場合によっては、再査定が行われる可能性もあります。しかしその場合は、再査定ががかなり下がる事を覚悟する必要があるでしょう。

 

そして上記のようなケースは、たいてい発覚します。査定士はプロなので、色々な車を見ています。しかし査定士も人間ですので、たまにはそれを見落としてしまう場合があります。その場では100万円と提示されても、後日に修理歴が発覚して60万円になってしまう可能性もあります。しかし自己申告をしていれば、ダウン額も低くなる可能性もあります。

 

ですので車買取の査定手続きでは、とにかく隠さないようにするのが大事ですね。自分に不利な情報があっても、それを正直に伝える方が後でのトラブルも防止できるでしょう。
【BMW・MINI(ミニクーパー)買取】損せず高く売り切る